メニューへ戻る

■オリジナル製品−2

 「有ガイ緩急車 形式ワフ29500型」

 当社オリジナル製品、「国鉄ワフ29500型 緩急車」(5インチ、1/8.4)の製作を開始致しました。

 今後、製作状況などを写真等などでご案内してまいりますのでご期待下さい。

 オリジナル製品に関する仕様および価格等につきましてはお問い合わせ下さい。

有ガイ緩急車 形式ワフ29500

有蓋緩急合造車は、列車保安と輸送力確保との兼合いで生まれたある意味での鬼子である。荷重と車掌室の広さとのせめぎあいは、荷重2トンから8トンまでの分布をもたらした。1954年製造のワフ29000型は広い車掌室と7トンの荷重をうまく配分していた。しかし、この形式はデッキをもたず使用上不便であったため、翌1955年に5トン積みの本形式が(結果的には最後の新製ワフとして)製造された。総数650輌。ストーブ・電灯装置を最初から持っており、車掌の待遇改善を果した。

 

(形状図)